10代の活躍を見て奮起するアラサー

未分類

賛否両論あったオリンピックだが、やはり開催されるとそれなりに盛り上がる。今日はスケートボードのストリート女子決勝をリアルタイムで見ていた。予選は見れなかったが、日本人選手は3名も決勝リーグに出場が決定とのことでびっくりした。リアルタイムでは見れなかったけど、昨日も男子のスケートボードで堀米選手が金メダルを取ってアメリカ発祥の競技で男女共に日本人選手が大活躍していることに驚きを隠せなかった。元々スケートカルチャーシーンをクローズアップするという仕事をしていた身としては日本人のスケーターたちが活躍しているのはやはり嬉しい。あと、日本人がこれだけ活躍していることにも驚いたが、決勝に進出した女子選手が全員10代でしかも最年少は13才ということにも驚いた。他国も合わせると13才が2人もいるという競技人口の若さはすごい。常に危険と隣り合わせのスポーツに若い女の子がカッコイイトリックを何度も決める姿には本当に感動した。最終的に13才の西矢選手が金メダル(!!)で2位はブラジルのレアウ選手(こちらも13才)という最年少コンビが金銀を取り、3位も日本の中山選手がとるという大快挙を成し遂げた。見ているだけで緊張がすごいし、ずっとドキドキハラハラしているって感じだったのに、まだ13才の選手が落ち着いて自分がやるべき技に挑戦している姿は尊敬でしかなかった。正直今あまりやる気もなく、将来どうしようかとずっと悩んでいるだけのアラサーにとって、一回り以上年の違う選手があの大きな舞台で歴史を作った瞬間に画面越しにでも立ち会えたおかげで、私もやってやろうじゃないかと奮起するのには十分だった。だって私だってまだまだ若いのだから。今からオリンピアンになることは無理だけど、私は私にできることで何か成し遂げることができたら良いなと思う。やはりスポーツは偉大だ。開会式をはじめ全てがグダグダでどうしようもなさすぎて、これだけ日本の恥を晒すくらいならオリンピックなんか開催しなくて良いと思っていたけど、こんなにも若くて素敵な選手に出会えたので今となっては(政治的側面や大人の事情の部分が嫌すぎるにで成功というのは癪だが)開催されてよかったなあとしみじみ思った一日だった。