お散歩と歯医者とお弁当

未分類

私は6時に起きる、でも必ず2度寝してだらだらと過ごす。私は今仕事を辞めて4ヶ月経つ。
今はハローワークに行っているが毎日休みをのほほんと過ごしている。
私はインドアで動くことがあまり得意ではない。しかし1日ダラダラ過ごすのも難しいことだ。
1日寝れたらと仕事をしていた時はたくさん思った。でも実際1日寝れるようになったら1日寝ることはとてもむずかしい。
限界がある。1日寝てもいいが夜ねれなくなる。当たり前のこと分かりきってること。
1日寝た時は頭が痛かった。もう若くない証拠かも、最近傷の治りも遅い、あざになってから治るのが1週間はかかっている気がする。
あと疲れやすくなった気がする。食べる量も減った。どんどん10代の頃とは違ってくる。もうアラサーなのかとふと我に返る。
現実って厳しいな、世間って厳しいな、ただ生きるだけでも住民税かかるな、貯金してたお金も貯金するのは大変なのに減っていくのは一瞬。
世知辛い世の中だ。行きづらい世の中だ。1年前の私はうつ病みたいなひどい落ち込みが4ヶ月続いた。その時は生きることが辛い先が見えないことが辛かった。
毎日が戦いだった。自分の家から一歩出たら戦いだ。私の周りの人や職場の人は優しい人ばかりでそんな私を気遣ってくれた。
なにも悪いことはなかった。でもひどい落ち込みが治らなかった。死ぬことは嫌だった。でも生きることも嫌だった。
だから毎日苦しかった。朝目をさますことはできるが起き上がることが難しい。毎日夜は泣いていた。
ご飯は味がしなかった。食べたいとも思わなかったけど食べないと痩せてみんなに心配かけるから頑張って食べていた。
生きるって難しい。食べることが難しくなる。普段当たり前って思ってることが当たり前じゃない。生きるってすごいこと。
1年前の自分と今を比べると格段に今の自分のほうが輝いている。生きることは大変と思うけど生きることが嫌だとは感じていない。
落ち込みから抜け出せたのは仕事を辞めたから。1度リセットした。ゆっくり過ごす人生でもいいと思う。
今の日本人は生き急ぎすぎている。ゆっくり過ごすことも難しいって仕事を辞めて分かった。
結局人はないものねだり。欲深い生き物だ。
私は今日も生きている。散歩をして歯医者に行って、お弁当を食べた。普通に過ごした。でもこの普通が難しい。
この当たり前を生きれていることに感謝してまたあしたを過ごそう。