うちの職場のミニマリスト

未分類

最低限必要なもの以外持たずに暮らす人をミニマリストとか言うらしいけど、うちの職場にもそんな女性が一人いる。
デスクには、余計なものが無く整理整頓されていて、一見すると素晴らしく思えるし、他の女性で彼女に憧れている人もいる。
どの程度の人をミニマリストというのかは、定義があるのかもしれないし、そのラインを理解していないのだが、彼女の話を聞いていると、服は数種類のみで新しいものを一着買ったら、古いものを一着捨てるようなサイクルだそうだし、家にはテレビやラジオが無いから新聞ももちろん取っていないし、雑誌や書籍・CD・DVD・ゲームなどなど一つもなく、テレビで取り上げられているような私がイメージするミニマリストな生活を送っているそうだ。
個人的には、やや収集癖があるタイプなので、ミニマリストさんたちの気持ちなんて理解できないので、「まあ、そんな人もいるよな。」とか「ご自由にどうぞ。」という感じで、相容れない存在とも思っている。
パソコンも所有しておらず、デジタルなもので持っている唯一のタブレットで検索するのは、「韓流ドラマ」のことばっかりらしく、韓流ドラマに全く興味のない私にとっては、そのあたりも相容れない。
ただし、私とそのミニマリストな彼女は、大学の事務として働いているので、教授たちのように直接学問を教える立場ではないものの、学生たちに社会常識を学ぶ機会を与えることも責務の一つだと思っているし、今であれば新型コロナ感染防止に関して周知していく立場でもある。
そんな業務をしているにも関わらず、ここ1年間に彼女の口から出るのは「(マンボウは間抜けな響きなのでちゃんと蔓延防止措置と言おうという雰囲気になってしばらく経ってから)え?マンボウ?マンボウが出る?マンボウって魚じゃないですよね?何のこと言ってるんですか?」とか「(4度目の緊急事態宣言が出て数日後に)え?緊急事態宣言また出るんですか?」などなど、かなり世間からずれたことを言っている。
今になって思い返せば、コロナウイルスが流行りだした最初の頃、マスクを着けずに職場に来ていた最後の一人も彼女だったし、緊急事態宣言下にもかかわらず旅行に行こうとしていたこともあった。
ミニマリストどうぞご自由に!テレビなし、新聞なし、ラジオなし、どうぞご自由に!
でも、もうちょっと社会一般の常識や時事情報は知っていてくださいよ。
韓流ドラマ調べる前に、Yahoo!のトップニュースぐらいはおさえておいてくださいよ。
そういう情報って、最低限必要なものだと思いますよ。